フォト
無料ブログはココログ

« 日曜日のひと時+公園 | トップページ | 穴山駅付近旧線跡遺構―結論 »

2016年9月26日 (月)

穴山駅付近旧線跡遺構―本論

つづき中央東線穴山駅の日野春方昭和月の複線化にあたって、日野春駅に向かって、穴山駅を出て右カーブ+左カーブだったの順番を逆にした感じ距離が劇的に短縮したわけではないが、曲線緩和もあったようである

004
線路の南側へくぐって撮影分かりにくいが中央に橋台跡がある

005
旧線は、穴山駅から勾配を登って日野春方向へ行ったようである
006

この続き日野春駅近くにも旧線跡が残るが中央東線の旧線跡猿橋付近+富士見付近(立場川橋梁)に比して、「地味≒フリーク向けの」遺構である

« 日曜日のひと時+公園 | トップページ | 穴山駅付近旧線跡遺構―結論 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜日のひと時+公園 | トップページ | 穴山駅付近旧線跡遺構―結論 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック