フォト
無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月30日 (日)

女川駅-3

新装なった、女川駅名表示隣の駅は、昨日降りた浦宿駅

Img_1661
キハ系入線

Img_1660
過日記載した通り、列車は、陸羽東西線からの借用転属の際の“表示”残存で、いずれ改装されるのか

Img_1662
日本海側の陸羽西線陸羽東線を介して、石巻線女川駅まで、レールがつながっていることを感じなくもない もうしばし女川駅にて

2015年8月29日 (土)

女川駅-2

新駅舎の階部分に上がって旧女川駅方向(奥の病院)を見る

Img_1657

駅の構内には、旧女川駅舎等の写真が飾られている

Img_1659
新駅ホーム棒線線のみを見下ろす

Img_1658

駅+線路は気持ちいいがこの背景には、津波による甚大被害あったことを忘れてはいけない

2015年8月28日 (金)

女川駅-1

新装なった女川駅リニューアルみたいだが当然背景には、“大震災+津波”で流出があったことを忘れてはいけない

Img_1655
駅舎から、海側を見るこれでも、海が近い見違えるほど?奇麗な駅前だが

Img_1656
女川駅から列車に乗れば、石巻線完全制覇でも、列車は少ない

Img_1654

特筆すべき≒驚いたのは、分の始発古川行きで、新幹線連絡を考慮しているようだ

列車到着まで、しばし周囲≒何もないが を散策しました

2015年8月26日 (水)

女川温泉~女川駅へ

ホテルから、きれいな+孤高な島が見えました

Img_1649_2
反対側は綺麗な花とJR石巻線の線路が 前日は、列車からホテルの明かりが奇麗に見えました

Img_1650_2
石巻線終点の女川駅まで送ってもらいました浦宿駅女川駅は移設&駅も、海沿いから移転して新しくなったようです

Img_1653_2

しばし、列車を待って終点の雰囲気を味わいました

2015年8月24日 (月)

女川温泉-1

(夕食は石巻駅で済ませたので)朝食のみ付きプランです

Img_1646
海を見ながら、朝食バイキング

Img_1647
ちょっと【控えめ】な、バイキングでしたが 美味しく頂きましたImg_1648

月の、夏真っ盛り前の、のんびり旅良い宿でした

2015年8月23日 (日)

女川温泉-0

石巻駅~最終より本前の、女川行きキハ系で、浦宿駅を目指します

Img_1643
で、旅館~お迎えあり夜のため、室内レイアウトは翌朝チェック

Img_1644
大震災があったことが信じられないくらいの静かな海

穏やかや景色に癒される

Img_1645

朝食を摂って、女川駅まで送ってもらいました

2015年8月22日 (土)

石巻で海鮮丼

石巻駅前の通りに東日本大震災の津波跡が残る

Img_1640


「飛び込み」で、美味しそうな海鮮系のお店に入りました 地元民向けの、小さな料理屋でしたが、席が人分いていたので、ラッキー

Img_1641
じっくり味わい 美味しくて店選び成功

すっかり夜になった石巻駅前に戻り、石巻線に乗って終点女川つ手前の、浦宿駅近くの旅館を目指しました

Img_1642

この日の盛りだくさん旅も、一休みタイムとなります

2015年8月21日 (金)

石巻駅-2

石巻駅舎石ノ森章太郎のサイボーグ一色です

Img_1637
駅前から、旧電車駅(仙石線)跡地方面を臨む奥に仙石線線路があります

Img_1638
上の地点から現石巻駅舎を遠目に見ました

Img_1639
しばし、石巻市街地を散策夕食店を見つけに行きます

2015年8月20日 (木)

石巻駅-1

石巻駅の仙石線ホームにて仙石東北ラインHB‐E系ハイブリッド車

Img_1634_2
JR東日本近郊型にしては、珍しいドア+セミクロスシートだ

こちら、各駅停車用首都圏から転属の系切妻タイプ

Img_1635

石巻駅での分差は仙石東北ライン短絡線経由で、仙台では分差となる

Img_1636


もっとも、あおば通=仙台市営地下鉄の乗り換えは便利地下鉄乗る人は仙石線普通で仙台駅に用事があれば 仙石東北ラインのほうがコストパフォーマンスは良いかも つづく

2015年8月18日 (火)

石巻駅-0

石巻駅-到着電車は、仙石線奥の建物が旧仙石線石巻駅付近

Img_1631
ずっと前は、石巻線石巻駅(汽車駅)仙石線石巻駅(電車駅)が離れた位置にあった南武支線鶴見線浜川崎駅見たいな感じ らしいが、電車駅を移設し汽車駅に統一されてからかなり経過しているようだこちら、石巻線石巻駅表示石巻線は、女川までレールがつながりました

Img_1632

仙石線は、東北線との短絡線「仙石東北ライン」の開業一色

Img_1633

特別快速赤快速(旧A快速)緑快速(旧B快速)があるのは、旧系統を踏襲しているその昔は、仙台石巻ノンストップ【特別快速うみかぜ】があったなあ

仙石東北ライン(の路線)に乗ったのは、日後一先ず石巻駅で途中下車し海鮮系の夕食をいただきます

2015年8月17日 (月)

石巻線-1

前谷地駅で、気仙沼線柳津行き、キハに別れを告げる

Img_1626_2
前谷地駅南側で、小牛田気仙沼線に直通できる配線は残っていましたそして、気仙沼線は、左へ分かれて行きます

Img_1627_2
前谷地駅から、分ほどで、右から仙石線が近づいて、石巻駅へ間も無く着です

Img_1630_2

この一連の流れは、ローカルムードです

次回は、結構都会な石巻駅前にて

2015年8月15日 (土)

石巻線-0

小牛田駅にて石巻線キハ系女川行き

Img_1623_3
車両は、陸羽西線【(奥の細道)最上川ライン】~の借用Or転属

Img_1624_2
前谷地気仙沼線が、一先ず「柳津」まで開通≒接続同じくキハ

Img_1625_2

大震災前は、石巻から、ここで快速小牛田までノンストップに乗り換えたこともある

BRTは、柳津から前谷地まで直通する便もあるので JRは、山田線や大船渡線を含め、鉄路で復活してくれるのだろうか 続く

2015年8月13日 (木)

仙北鉄道遺構

一ノ関駅から東北本線を南下たしか《廃線跡があった》って思っていたら、栗原電鉄≒くりはら田園鉄道跡の石越駅を過ぎてしまい慌ててネット検索したら、【瀬峰駅】キロほど延びていた、仙北鉄道ナローゲージミリの遺構があった発車する電車から、東側き地にある「跡地遺構碑」を撮影できた

Img_1619
ここに駅があったようだ

Img_1620
まあ、少しでも、【廃線跡】香を感じることができてラッキー

で、小牛田駅から石巻へ向かいます

Img_1622

列車は、陸羽西線から出張のキハ系です

2015年8月11日 (火)

一ノ関駅-2

一ノ関駅にて交流区間の一般電車

Img_1615
いずれもこちら、仙台カラー

こちら、盛岡カラー

Img_1618
系はロングシートですが、いていたので、まあ快適

Img_1621

石巻線陸羽東線分岐駅小牛田到着ここから、キハ系で石巻へ

次回は、その前に、東北本線沿いの廃線跡遺構ネタを

2015年8月 9日 (日)

一ノ関駅-1

一ノ関駅へ戻って、在来線で小牛田へ向かいます

東進するのは、気仙沼行きですが、路線名は「大船渡線」気仙沼より、やや北にある地名~気仙沼線は、小牛田石巻線の前谷地分岐して、気仙沼で大船渡線と流する路線今は、BRT(という名の)バス専用道使用

Img_1614_2
大船渡線も、東北本線上下線とも、本数は少ない

Img_1616
でも、(新幹線では分かり得ない)在来線の旅だから、知ることのできる駅名がある(小牛田方)有壁(盛岡方)山ノ目駅

Img_1617_2

東北本線在来線を南下して、小牛田経由石巻線に入ります

2015年8月 8日 (土)

中尊寺-3

遅らばせながら、中尊寺の≪本堂≫を拝観往路は気付きませんでした

Img_1611

アップです写真撮影して良いものやら?

Img_1610
月見坂途中《弁慶堂》付近で、北上川+東北本線を見渡せる場所がありました 良い気持ち+ホっとする間です

Img_1612

以上で、中尊寺シリーズは終わりバスで一ノ関駅に戻り、東北本線を南下します

2015年8月 6日 (木)

中尊寺-2

いよいよ金色堂突入 入口です

Img_1604
写真撮影は

ってことで、こちらは出口この壁の向こうに「金色堂」があります

Img_1605
上の場所からちょっと移動したところ松尾芭蕉の銅像写真右側は、旧金色堂が入っていた、「建屋」です こちらのほうが、≪古びた感≫たんまり

Img_1609
ここで引き返し、帰路は【本堂】に寄ります

2015年8月 4日 (火)

中尊寺-1

中尊寺関山天台宗東北大本山です入口から本堂などへ進む道は「月見坂」と呼ばれています

Img_1601
(いつの間にか)本堂を過ぎてしまい「讃衡蔵(さんこうぞう)」 に到着

ここで、金色堂共通の拝観券を買います

「讃衡蔵(さんこうぞう)」 は、藤原氏の文化財を収蔵する宝物館です 中は涼しいです

Img_1602
これが金色堂(覆う建物)ですここから先は、撮影止です

Img_1603

《遠巻き》の撮影ならですが思わず中も撮影したくなりますいよいよ突入

2015年8月 2日 (日)

中尊寺-0

中尊寺バス停到着 案内表示は「近くっぽい」ですが

Img_1598
入口≒参道登山口が近いだけですなんとなく【荘厳な】雰囲気があります

Img_1599
金色堂までは、しばし登り坂を闊歩

Img_1600
時は世間が夏休みに入る前とはいえ、適度な混み具で、観光にはちょうど良かったですおまけに、≪猛暑≫にnaる前でしたから、《良い森林浴》でした目指すは金色堂です

2015年8月 1日 (土)

東北旅路-2

一ノ関駅から、バス岩手県交通に揺られて、中尊寺途上東北本線と並行しました

Img_1594
バスは途中、一ノ関駅からつ目の「平泉駅」に寄ります

Img_1596
ここから、中尊寺へは歩いても行けます

Img_1597

ひなびたローカルムードある駅だが世界遺産地域に相応しく【それっぽい】飾り≒整備をしています

次回は、中尊寺バス停着です

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

最近のトラックバック