フォト
無料ブログはココログ

« 中央東線車窓 | トップページ | 新潟交通燕駅跡 »

2013年4月 1日 (月)

西浦和駅

 JR武蔵野線の西浦和駅は、なんとなく印象深い駅だ

大宮~“大宮支線”上を「むさしの号」で、本線との流部分左が西浦和駅右が、武蔵浦和駅方向

Img_9522


Img_9524

西浦和駅は、大宮支線相互からは停車できなくなった≒「むさしの号」は通過するしかない

ホームも、番線が欠番(大宮支線用)に割り当てられ、旅客線は番線になっている

Img_9525

上側は、北朝霞~大宮支線と武蔵の旅客線の分岐点

旅客線側が、キロ制限を受け、乗っていると「ガク」っと衝撃を受ける

以前は、大宮支線線路は、武蔵野線旅客電車に対する、貨物列車の退避線も兼ねていたが、上に書いたとおり、配線が変更され、支線は大宮方向に直行するしかなくなった

« 中央東線車窓 | トップページ | 新潟交通燕駅跡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中央東線車窓 | トップページ | 新潟交通燕駅跡 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック