フォト
無料ブログはココログ

« NRA | トップページ | 加越能鉄道加南線跡 »

2013年3月29日 (金)

飯能駅

西武池袋線秩父線の境目のように「思える」飯能駅

実際の運転系統は、池袋線秩父線の境が飯能駅だが、書面上は吾野駅だ

で、直通電車は、行き止まりの折り返しになるが、この先に延長しても良かったし先に書いた、東飯能短絡線を開通させれば、方向転換の必要はなかった

Img_9910

で、行き止まり駅だが、「櫛形ホーム」ではなく、スルーしている 実際は、もっともっと先まで線路があったようだ

それは、秩父線のセメント輸送貨物列車があったためで、“ブルートレインをけん引させたい”(EFっぽい)電気機関車が走っていたことを、子供心に覚えている

よって電気機関車けん引の貨物列車を方向転換させるためには、いわゆる“機回し線”が必要になる

Img_9911

だから、櫛形ホームにせず見掛け上はスルー構造になっている

« NRA | トップページ | 加越能鉄道加南線跡 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NRA | トップページ | 加越能鉄道加南線跡 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ウェブページ

最近のトラックバック